新着情報

2021.09.24

毎日こまめな掃除でピアノを気持ちよく弾きましょう。


 

ピアノの掃除はピアノを弾き終わったあとに毎日する必要があります。

例えば、鍵盤は専用のクリーナーを使用して掃除する。

ピアノ本体はピアノ用の艶出しクリームを使用して掃除することです。

今回は、ピアノを気持ちよく弾くために、ピアノの掃除についてご紹介します。

 

 

ピアノの鍵盤、表面などの掃除

ピアノの鍵盤は見落としがちですが、意外と汚れています。

手を綺麗に洗ってからピアノを弾いても、何時間もピアノを弾いたりすることで、

手の汚れや汗がピアノの鍵盤についてしまいべたべたしてしまうことがあります。

毎日、ピアノの練習後に簡単に鍵盤の掃除をすることで、

汚れも残らず、次にピアノを弾くときも気持ちよく弾くことができます。

また、ピアノの本体は黒色のものが多いですが、埃などの汚れが付きやすいです。

そのため、柔らかいクロスにピアノ専用のクリームを付けて

優しく拭いてあげることがおすすめです。

あまり、力を入れて磨くと細かい埃などで傷になってしまうため優しく拭いてあげましょう。

ご自分でピアノの表面などを掃除する時には、柔らかいピアノ専用のクロスで拭きますが、

ピアノには艶があります。

そのため、専用のクリームを使用して掃除することでピアノの艶がよみがえり

掃除の後は、ピアノが見違えるほど綺麗になります。

 

 

ピアノの内部の汚れや埃

ピアノ本体の表面や鍵盤などはピアノを練習した後などに自分で掃除をすることができますが、

ピアノの内部にも埃など少しづつ溜まってしまいます。

このピアノの内部の汚れや埃は定期的なピアノの調律の際に、調律師さんが掃除を行ってくれます。

ピアノの調律の際にはピアノの蓋なども分解するため、

普段自分では掃除しきれない部分などの汚れを落としてくれます。

また、ピアノの内部だけではなく、弦などにも汚れが付着するため、

これも併せてピアノの調律時に調律師さんが汚れを掃除してくれるでしょう。

ピアノ内部の汚れは音が狂ったりする原因となったりするため、

定期的な掃除が必要となります。

 

 

今回は、ピアノの掃除についてご紹介しました。

ピアノの掃除と聞くと大変なのかな、面倒なのかなと思われがちですが、

普段のお手入れは非常にシンプルなものです。

毎日、少しづつ掃除をしていくことで綺麗に使えることにもつながります。

また、ピアノを掃除するための専用のクロスやクリームは楽器店などで販売しています。

手軽に、ピアノの掃除用品を入手することができるので

是非綺麗な状態のピアノを維持してください。

 

愛知県で楽しくピアノを学びたい方はピアノ教室 音楽企画Grazieへ


教室名:音楽企画Grazie

住所:〒476-0011 愛知県東海市富木島町南太子58番地3

TEL:052-689-0510 
FAX:052-829-0570

営業時間:9:00~21:00 定休日:日曜日

業務内容:音楽教育、演奏活動